異年齢交流の場を作る。遊びから学ぶ「思い」上手にできなくてもいい。

 

 

 

できなくてもいい。FUN!MUSIC!!の理念

My name is

 

 

2016年10月から初めて早4か月目。

 

子どもたちも私もすっかり慣れて来て、

大きな声で歌いながら

動けるようになってきました。

 

知り合い同士、

固まったグループだった子どもたちが、

 

たくさんの遊びをしてきたことで、

少しづつ違う幼稚園や保育園の子どもとも

一緒に遊びたがる様子が見られ、

 

少し嬉しくなりました。

 

教室では

今、この瞬間が楽しい!という気持ち

最も大切にしています。

 

英語の音楽にのって、

お友だちや私と遊ぶことで、

英語と音楽が好きになること

目的にしています。

 

もう一つ、私の大切なテーマが異年齢交流

 

ゲーム体つくり運動で、

違う年齢の子どもと

直接触れ合う機会を大切にしています。

異年齢交流ゲーム「宝探し」

宝

今回は、ゲームコーナー宝探しをしました。

 

Aチーム・Bチームに分かれて

『Hide and Seek』という曲に合わせ、

歌って手遊びをします。

 

 

宝物の小さなおもちゃをAチームが隠し、

曲が終わったらBチームが探すという

単純なゲームです。

 

現在、約25名の2歳半から6歳の子どもたちが

一緒に遊んでいます。

 

当然、6歳の子と、2歳半の子どもでは

できることが違うので

ゲームはうまくいきません。

 

6歳の子はすごく難しいところに隠したがり、

2歳半の子どもは

おもちゃを持っておきたいから

隠さずに握りしめていました。

 

当然見つけれなくて

困る子ども出てきます。

 

この活動の目的は、

hide(隠す)seek(探す)の英単語の学習と、

異年齢交流です。

 

指導者としては、

ゲーム自体はできてもできなくてもOKです。

 

それなりにできる子は、

年上のお兄ちゃんをみて

「あんなすごいところに隠すんだ!」

って思うだろうし、

 

ずっと握りしめていた小さい子は

「なんでお姉ちゃん、

ちょっと怒ってるんだろう…。」

とかちょっと嫌な気持ちになってみたり。

 

上の子は上の子で、

「小さい子がいると、うまくできないなぁ。」

「何で隠さないんだろう。」とか、

 

一人ひとり子どもなりに

考えたんじゃないかなぁと思っています。

 

その、思いをもつこと大切で、

宝探しが上手にできることではありません。

 

上から強制的な方向付けを

しない方がいいと思っています。

 

きっと何回か回数を重ねていくうちに

それぞれ自分で学んで考えて

うまくゲームが運ぶようになることでしょう

 

異年齢交流の場を作る

 

兄弟が減り、

保育所学童保育に行く子どもたちが増え、

年齢の違う子どもたちが一緒に遊ぶ機会

激減しています。

 

我が家なんて、

従姉妹もいないから、

本当に機会がありません。

 

先日、ツイッターから

子どもには

家と学校以外の居場所が必要

という内容の記事を読みました。

 

中高生には「部活」とは違う選択肢が必要だ

 

本当にそうだと思います。

 

学童保育でのイベント

 

子どもだけじゃなく、

いろんな大人との交流も、

とても大切だと思います。

 

家庭とは違う考え方や生き方に出逢い、

自分の世界が広がれば、

 

もっと生きやすくなる子どもたちは

いっぱいいると思います。

(子どもに限らず大人も。)

 

今週、詰め込み教育に疑問を感じ、

遊びでこそ子ども育つという考えのもと、

外遊び活動のボランティアをされている方に

出逢いました。

 

初対面なのに、

出てくる言葉が共感しかなくて、

びっくりしました。

 

上手にできなくてもいい。

それぞれ学んでほしい。

 

学校とは違い、週に一回。

たった1時間の講座では、

 

頭に思い描くような

理想の通りにはいかない

 

だけど、理想を忘れず

これから実践をしながら考えていこう。

 

そんなことを考えた、お仕事でした。

 

関連記事(講師ブログ:マイコイズムより)

歌と英語を掛け合わせ、キッズ音楽教室開講します!

13年間歌って分かったゴスペルの4つの価値。無宗教でゴスペルって何!?

一歩踏み出せば何とかなる。小さな成功体験を積み重ねる。

ハロウィンパーティ★FUN!MUSIC!!えいごのうたであそぼ

ピンチをチャンスに。臨機応変になりたい。

フォースとともにあれ!一歩踏み出す勇気がつなぐもの

成せばなる!ゴスペルイベントwith 小学生 in 学童保育

経験知を授けるということ。マニュアルを求めず、自分で考える。

総社ゴスペル はじめました。

仕事と子育て 子どもの涙が胸に刺さるの巻

クリスマスイブイブ ママ友サンタが舞い降りた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

合唱歴25年(内、ゴスペル歴14年)。NY・タヒチ・ジャマイカで現地のゴスペルを体験。岡山・倉敷を中心として活動するゴスペルグループ「Y.S.ゴスペルクワイア」に所属し、毎回ソロを担当。数々のステージで鍛え上げてきた歌唱力と表現方法を生かし、ここにしかない合唱体験を生み出します。元小学校教師。子育てと仕事の両立に悩み、2016年7月に退職。6歳と3歳の女の子の母。子育て奮闘中。 趣味 ゴスペル・一人アカペラ・読書 (岡山大学教育学卒業 小学校教諭第1種、中学校・高等学校(英語)第1種免許状取得)