【倉敷ゴスペル】コンサート☆ 医療法人誠和会 倉敷紀念病院 ふれあいまつり

 

こんばんは★

総社ゴスペル、講師のマイコです。

 

総社ではゴスペル講師をしつつ、

倉敷Y.S.ゴスペルクワイアに所属し、

 

素晴らしい師匠のもとで

今もゴスペル修行中です。

 

Y.S.ゴスペルクワイア

笑顔が素敵なメンバーたち。リハーサル風景。先生が…。ご、ごめんなさい(笑)

 

平成29年10月28日(土)

倉敷紀念病院にて、

ふれあいコンサートに出演しました。

 

12年ほど前に出産とともに去った、

昔のメンバーからのお声掛けでした。

 

懐かしい再会もあり、

時の流れの速さに改めて気づかされました。

 

12年だなんて…。当時私は、25歳 (*´Д`)

はやいとこやりたいことやっちゃわないと、

アッという間に年を取るな!!

 

そんなことも、ちょっぴり思いました(笑)

 

30分間のゴスペルステージ☆

 

総社ゴスペルを始めて、

改めて気が付いたのですが、

Y.S.ゴスペルクワイアは、かなり本格的です。

 

曲も超マニアックだし、気合もすんごい☆

 

先生もバリバリのプロの音楽家

基本的にスパルタで、

曲作りにもめちゃくちゃこだわりがあります。

 

今回は病院でのコンサートということで、

結構お年寄りが多い。

 

客層を考えて、

数あるレパートリーの中から選曲。

 

いつもリーダーのKちゃんが

バッチリスケジュールを組んでくれます。

 

私はいつも、おんぶにだっこで、

とても気持ちよく歌わせていただいています。

 

Kちゃん、本当にいつもありがとう☆

 

プログラム

  1. PSALM150
  2. Amazing Grace
  3. ヘイルホーリークイーン
  4. 若い広場
  5. ハナミズキ
  6. 朧月夜
  7. Shout
  8. Oh Happy Day
  9. For Every Mountain

 

やっぱりゴスペルと言えば、

映画『天使にラブソングを』

認知度が抜群なので、

  • ヘイルホーリークイーン
  • Oh Happy Day
  • Shout

の3曲を選曲。

 

お年寄りに、

ずっと英語はツラいかなってことで、

耳なじみのある日本語の曲を導入。

 

 

どの曲も皆さん一緒に歌ってくださり、

会場の一体感が高まりました。

 

最後に倉敷ゴスペルらしく、

マニアックな本格的ゴスペル

『For Every Mountain』で締めました。

 

半年以上練習してきたソロ。

やっと陽の目を見ることができました。

 

 

30分間のステージ。

 

観客の皆さまは手拍子を交え、

一緒に口ずさみ、

終始笑顔で聴いてくださいました。

 

会場の皆さま、

Aちゃんを始め、スタッフの皆さま、

本当にありがとうございました。

 

皆様のおかげさまで、

とっても気持ちよく歌わせていただきました。

 

次は老人ホームでの演奏会です。

皆様の心に響くように、

気持ち新たに頑張ります☆

 

マイコ的まとめ

Embed from Getty Images

 

歌を歌えること。

仲間や先生がいること。

歌わせていただける場所があること。

 

当たり前ではなく、

本当にありがたいことだなぁと思います。

 

音楽に浸る時間は、

日常のあれこれを忘れさせてくれます。

 

歌っている方も、聴いている方も、

同じ体験を分かち合える時間。

 

素晴らしいなぁと思います。

 

規模、うまい下手、人からどう思われるのか、

そういうことは、あんまり関係ないんだなぁと

最近すごく思います。

 

自分の好きを発信していくこと。

自分の好きを表現していくこと。

才能をどこまでも追いかけること。

 

いつも過去の自分との競争。

 

それができる場所があれば、

それだけで十分なんだと思います。

 

 

才能や好きという気持ちは、

神様が与えてくれた人生のヒントです。

 

それを活かして、人と関わり、

人を助け、お互いの幸せを実現していくこと。

そうなれるように努力すること。

 

自分がまず楽しく幸せにならないと、

人に幸せを与えることはできません。

(納税日本一の実業家:

大好きな斎藤一人さんの教えです)

 

ゴスペルは、

人が何度間違えても

体験することにはすべて神様の意図があり、

 

いつもそばにいて、

励ましてくださっていること

教えてくれます。

 

一歩進んでは二歩下がり、

行ったり来たりの繰り返しで、

なかなかそれを地で行くのは難しいけれど…。

 

内なる自分との対話。

 

私にとって、ゴスペルはそんな時間です。

その魅力を、自分発信で伝えていきたい。

 

共鳴してくれる人がいたら、

本当に嬉しいと思います。

 

いきなり仕事にまでしなくても、

自分の好きなことに時間を作っていく。

 

まずはそんなところから、

一歩踏み出してみませんか?

 

総社ゴスペルでは、メンバー募集中です。

初心者中心

和気あいあいとレッスンをしています。

 

お気軽に体験レッスンにお越しください。

 

お問合せ先 [email protected]

 

Y.S.ゴスペルクワイア ホームページはこちら

関連記事

『For every mountain』歌詞の意味

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

合唱歴26年(内、ゴスペル歴15年)。NY・タヒチ・ジャマイカで現地のゴスペルを体験。岡山・倉敷を中心として活動するゴスペルグループ「Y.S.ゴスペルクワイア」に所属し、毎回ソロを担当。数々のステージで鍛え上げてきた歌唱力と表現方法を生かし楽しい英語・リトミックレッスンを組み立てます。元小学校教師。子育てと仕事の両立に悩み、2016年7月に退職。6歳と3歳の女の子の母。子育て奮闘中。 趣味 ゴスペル・一人アカペラ・読書 『SOSU(素数)子育てをもっと、楽しもう!』代表(https://sosu.site) 岡山大学教育学卒業 小学校教諭第1種、中学校・高等学校(英語)第1種免許状取得)リトミック研究センター指導者資格 国内旅行業務取扱主任