リトミックは『教育』活動 親も子も一緒に成長



総社リトミック、講師のマイコです。

昨日は、お盆明け久しぶりのレッスンでした。

楽しいだけ→ルールを守って楽しむへ…

総社リトミック

総社リトミック

8月から新しいお友達が増え、今まで個人レッスンだったクラスが、グループレッスンに変わりました。

 

昨日は、久しぶりに会ったこと、お友達に会えた喜びで、みんな最初からワクワク☆

館内を走り回りたくて、なかなか活動に入れませんでした。

 

私は私で、みんなが新しいグループに慣れてきたが、レッスンの流れを作る、大切な時だと考え、始まりをそろえることに取り組みました。

今日はそれだけできたらいい。

そのくらいの気持ちで、お母さま方にもお願いしながら指導に臨んでいました。

 

1歳の子どもたち。

なかなかすぐに気持ちは切り替わらないし、大人の都合で動いてはくれません。

 

遊びたいときは遊びたい!

走りたいときは走りたい!!

 

その日の気分によって、同じことをしても、全然様子は違います。

 

一方で、教室のルールも、充実した活動をするためにはとても大切です。

 

今まで、とにかくリトミックを楽しくすることに集中してきました。

リトミックの楽しさは、今までの楽しさ重視のレッスンで十分に入っているので、しばらくお母さま方にもご協力をお願いしながら、ルール作りを頑張ろうと思っています。

みんなで一緒に学びあい

総社リトミック

お帰りになる前、一人のお母さまの表情が、とてもしんどそうだったのが気になりました。

心配で後から連絡したところ、お友達とわが子を比較し、落ち込んでしまったとのこと。

 

個人レッスンからグループレッスンに変わったことで、お母さまにも、いろいろストレスがかかっていました。

 

どの子もみんな、オリジナルの良さを持っています。

上手にできること、

ちゃんとできること。

分かりやすい結果も、もちろんそれは嬉しいことだけど、

 

それよりもっともっと大事なことは、

その子なりの表現ができること。

内側から出てくるものを、一緒に喜ぶこと。

 

リトミック息の長い教育です。

今日のレッスン単発で身につくものではありません。

楽しいだけのイベントリトミックと毎週通う教室が違うのは、教育だからです。

 

教育は、ずっとずっと未来までの大きな目標をもって、目の前の一つの活動に一貫して真剣に取り組みます。時には、厳しい指導も入ります。

根気強い、小さな一つの積み重ねが、少しずつ芽を出していきます。

 

個人レッスンの良さもありますが、やはりリトミックは、グループレッスンが醍醐味だと思っています。

 

人が集まれば楽しさも倍増しますが、摩擦も生まれます。

当然、比較も生まれます。

 

親も子も、お友達と一緒に成長していく。

それが、親子リトミックの良さです。

 

活動に優劣はありません。

計画した通りに事が進むとは思っていません。

あの手この手で切り替えていきたいと思っています。

 

まだまだ小さな子どもたちです。

楽しんで活動できる日もあれば、レッスンの間中、お母さんのお膝で眺めているだけで活動に入れない日もあります。

それが、子どもの自然な姿です。

それでも子どもたちは、目や耳は一所懸命働かせて、自分の心の中でいろんなことを考えながら静かに成長しています。

 

上手にできなくていいんです。

活動に乗せられないのは、私の指導力の問題です。

 

あることができるようになるまで、1回でできる子もいれば、10回してもだめで、20回目でやっとできるようになる子もいます。

また違うことになると、それが逆になる場合もあります。

 

すべてがオールマイティーにできなくていいんです。

 

お母さま方に、落ち込み葛藤が生まれるのも、子どもと一緒に親も成長するための大切な感情です。

レッスン後には、私も自分の中のいろんな感情と向き合い、毎回のレッスンを検証しています。

お母さまと一緒に悩みながら、不安に思ったことは共有しながら、教育者として成長していきたいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

FUN!MUSIC!!、総社ゴスペル 代表 総社子育て支援&西日本復興支援ボランティア団体:SOSU(素数)代表 岡山大学教育学部卒 小学校教諭第1種、中学校・高等学校(英語)第1種、リトミック研究センター指導者資格 国内旅行業務取扱主任 趣味:ゴスペル・アカペラ、ブログ